• 2021年5月29日
  • 2021年5月29日

いわゆる整理解雇はどのような場合に許されるのでしょうか?

こんにちは。事業再生支援グループメンバーの弁護士の上山孝紀です。 今回の新型コロナウイルス感染拡大の影響で業績が急激に悪化した企業の中には、コスト削減の一環として、残業の削減、非正規従業員の雇止め、賃金・賞与カット(労働条件の不利益変更には、原則とし […]

  • 2021年5月29日
  • 2021年5月29日

コロナ禍における債権者集会のあり方

 債権者説明会と債権者集会事業再生支援グループの弁護士の眞下寛之です。民事再生手続において、再生債権者がいずれかの場所に集まって再生債務者及び申立代理人弁護士から説明及び情報提供等を受ける機会としては、①再生債務者が主催して日時や開催場所を設定し、債 […]

  • 2021年5月29日
  • 2021年5月29日

融資以外の資金繰り対策のポイント

 こんにちは。事業再生支援グループメンバーの弁護士の石井大輔です。 新型コロナウィルス感染症の影響により、売上げが落ち込み、資金繰りが悪化している事業者の方は少なくありません。 売上減少により入金金額が少なくなっている以上、事業を継続するためには、出 […]

  • 2021年5月29日
  • 2021年5月29日

民事再生手続開始決定後の資産価値低下と清算価値保障原則

 こんにちは。 事業再生支援グループメンバーの弁護士の鬼頭容子です。 例えば今回の新型コロナの影響等の経済状況の変化やこれによる再生債務者の経営状況の悪化等によって、「財産評定」を行った後に、再生債務者の資産価値が低下することがあり得ます。そのため、 […]

  • 2021年5月29日
  • 2021年5月29日

取引先が倒産した時の対応のポイント

こんにちは。事業再生支援グループメンバーの弁護士の石井大輔です。 取引先が倒産したら債権回収はあきらめるしかないと思うかもしれませんが、それは誤解です。 倒産した取引先に対して有する債権の種類や、取引先が選択した倒産手続の組み合わせによっては、倒産手 […]

  • 2021年5月29日
  • 2021年5月29日

再生計画の基礎となった事業計画の下振れと税理士の責任

 こんにちは。 事業再生支援グループメンバーの弁護士の鬼頭容子です。 何とか再生計画の認可にこぎつけたにもかかわらず、その後、再生計画策定時の事業計画どおりには収益があがらず、再生計画に基づく弁済の履行が難しくなってきたような場合、どうしたら良いので […]

  • 2021年5月29日
  • 2021年5月29日

コロナ禍における再生計画の策定上のポイント

 こんにちは。 事業再生支援グループメンバーの公認会計士・税理士の林幹根です。  新型コロナウイルス感染拡大の影響で業績が急激に悪化した企業において、新型コロナウイルス感染拡大が終息し、取引が以前の水準まで回復するまでの推移はだれも予測することが困難 […]

  • 2021年5月29日
  • 2021年5月29日

リース会社にリース料の支払いを猶予してもらうことはできますか。

 こんにちは。事業再生支援グループメンバーの公認会計士・税理士の林幹根です。  新型コロナウイルス感染拡大の影響で売上が激減し、業績が急激に悪化した企業が多く見受けられます。 そのような企業は地代家賃の賃借料や仕入代金の支払い条件の変更、新型コロナウ […]

  • 2021年5月29日
  • 2021年5月29日

中小企業の資金繰りを守る「特例リスケジュール」による資金繰り支援

皆さん、こんにちは。事業再生支援グループメンバーの石井です。  今回の記事では、新型コロナウィルスの影響により、売上が減少し、資金繰りに悩む中小企業の経営者をサポートする、新型コロナウィルス感染症特例リスケジュール(以下「特例リスケ支援」といいます。 […]

  • 2021年5月29日
  • 2021年5月29日

粉飾決算と税理士の責任

 こんにちは。 事業再生支援グループメンバーの弁護士の柚原です。 民事再生手続を行う会社が粉飾決算を行っていた場合、税理士の責任が問われることがあるでしょうか。 1 よくあるケース  民事再生手続を検討している会社が粉飾決算を行っていることがあります […]